FC2ブログ

カーネーションのワークショップでした

「令和」になっての初レッスンはいつもと違う一回完結のワークショップでした。「2時間で完成!」を目指しての細かな作業。皆さん集中したいのに、私がおしゃべりしたり、看板犬のはずの我が家のワンコが鳴り出した雷を怖がってハアハア・・・ウロウロ・・・と邪魔したりしてご迷惑をおかけいたしました(〃▽〃)それでも皆さんきれいな一輪のカーネーションを仕上げてくださいいましたよ!いつも頑張っている自分に、お母さんに、...

Bityのキットブラックワークはいかがですか?

ブラックワークが楽しい!そこで「印鑑ケース」のキットを作ってみました。王道の「黒」1色でチクチク・・・・。糸の本数、種類を変えたところ、部分的に刺繍を抜いたところ・・・少しの工夫で見え方が違うところが面白い!皆さんもチャレンジしてみませんか?...

スウェーデン刺繍

スウェーデン刺繍。ずいぶん前に爆発的に流行った・・・と聞いていたこの技法。この技法の普及にご尽力された「スウェーデン刺繍」の母、刺繍家・久家道子先生が1月26日に88歳でご逝去されました。ご縁があり、先生のご自宅でのスウェーデン刺繍講習会に参加させていただいたり、昨年のキルト&ステッチショーの会場でお話しさせていただいたり。。。と雲の上の存在でありながらもとても気さくに接してくださる先生でした。訃...

クリスマスの教材から

IYさんがBaityの「よくばりりサンプラー・クリスマスバージョン」をフェルトに刺してオーナメントに仕上げてくださいました。「よくばりサンプラー」は、元々服飾やファッションを学ぶ専門学校の学生向けに考えたもので、基礎のステッチに加えスタンプワークやビーズ、スパンコールなども使って仕上げる盛りだくさんの教材です。IYさんは半年ほど教室に通って降っていたのでスイスイ仕上げ、糸やビーズ、スパンコールの色はご自身...

クリスマスの準備

そろそろクリスマスの雰囲気が感じられる季節になりました。今年のベイティー・クリスマスキットは赤と緑の「オーナメント」。今年のわたしの刺繍始めがブラックワークだったので、最後もブラックワークで・・・と思ったのですが、クリスマスなので赤と緑に白糸を使ってみました。一般的にブラックワークはホルベインステッチとバックステッチで刺し進んでいくのですが、この図案では誰もがわかりやすい刺し順を考えてみました。ご...